『熟ごろう』の「弟」が発売されました!

(2008/6/3)

このたび『熟ごろう』の「弟」として、『熟語トランプ』という名のトランプゲームが発売されました。
熟語トランプ

『熟語トランプ』には初級編と上級編の2種類があり、初級編には小学1〜3年生までの間に習う漢字が、上級編には小学1〜5年生までの間に習う漢字が、それぞれ52種類ずつ(計104種類)入っています。
『熟語トランプ』の最大の特長は、七並べをしたとき、初級編・上級編ともに自分の順番でカードを場に1枚出すと、必ず新たな熟語が1つ出来ちゃうことです!
(ちゃんと読めるかどうか、出来た熟語を声に出して読んでみましょう。)
また、七並べでは最初に「7」のカードを場に4枚出しますが、そのとき初級編では“立身出世”が、上級編では“日進月歩”が完成します!
熟語トランプ

そのほか『熟語トランプ』にはいろいろな仕掛けがありますが、遊び方もまた多種多様です。
最近、以下のサイトでは「熟語バスケット」という新しい遊び方が紹介されました。

「熟語バスケット」の遊び方

小学1〜3年生の間に習う漢字のみで構成されている初級編は、新・小学2〜3年生でも十分楽しく遊べるようです。なのでこちらは『熟ごろう』の「弟」というより、『熟ごろうJr.』の「弟」といったところでしょうか……。

『熟語トランプ』初級編のレビュー


『もんじろう』や『熟ごろう』が日本最古の小学校で紹介されることに!

(2007/2/12)

来る2月15日(木)〜16日(金)、筑波大学附属小学校にて全国の小学校の先生方を対象にして開催される「学習公開・初等教育研修会」という催し物で、『もんじろう』や『熟ごろう』などが紹介されることになりました。
東京都文京区大塚にある筑波大学附属小学校は日本最古の小学校で、上記「初等教育研修会」は「明治以来百有余年にわたり毎年開催されてきた伝統ある研修会」だそうです。(案内パンフレットより)
筑波大学附属小学校では今年から実験的に一部の学年、クラスの国語の授業で『もんじろう』や『熟ごろう』が取り入れられており、その有様が今回の研修会を通じて早速、来場者数千人の先生方に向けて発信される形になりました。


『もんじろう』がパズル雑誌「ニコリ」に登場!

(2006/6/12)

『もんじろう』が先週末に発売されたパズル雑誌「パズル通信 ニコリ」(Vol.115)の「おすすめゲームズ」のコーナーで紹介されています。

パズル通信 ニコリ公式サイトはこちらから パズル通信 ニコリ

『もんじろう』の概要や遊び方、制作のこだわりなどが詳しく紹介されていますので、書店で見かけた際にはぜひご一読ください。


『もんじろう』がテレビ出演!?

(2006/4/11)

今週末、『もんじろう』が他のゲームとともにテレビで紹介されることになりそうです。

  番組名  : ぶらり途中下車の旅(日本テレビ系列)
  放送予定 : 4月15日(土) 午前9:30〜

番組ホームページは、こちらから。 ぶらり途中下車の旅

日比谷線・東横線・みなとみらい線の旅をするのは、山形弁をしゃべる外国人タレントとしてお馴染みのダニエル・カールさん。
ダニエルさん、「スピードもんじろう」に大苦戦!? お楽しみに!


浅草で『もんじろう』を体験しよう!

(2006/3/4)

来る3月26日(日)に東京都台東区浅草で開催される「ゲームマーケット2006」におきまして、『もんじろう』が体験できることになりました。まだ実物を手にされたことのない方はぜひこの機会に「スピードもんじろう」や「しりとりもんじろう」など、新感覚のことば遊びをご体験下さい。
『もんじろう』は当日、イベント会場・産業貿易センター(台東館)5階の「BOT」ブースに出品されています。

■会場の地図等、詳細はこちらからどうぞ。
ゲームマーケット2006


 

『もんじろう』が小学校で大人気!

(2006/2/8)

今学期より、東京都内の江東区立東川小学校では、アルミ缶回収で得られたお金を使って、『もんじろう』が全学年、全クラスに常備されることになりました。東川小学校では現在、子供たちや先生の間で『もんじろう』が大人気です。
『もんじろう』の有効活用により、遊びを通してこれからますます東川小学校に通う子供たちの国語力アップが期待されるところです。


 

『もんじろう』がラジオに初登場!

(2005/10/25)

『もんじろう』がNHK−FM横浜の番組内で紹介されることになりました。
詳細は以下の通りです。

 NHK−FM横浜(横浜81.9MHz/小田原83.5MHz)
  番組名:「よこはまポートスタジオ」
  放送日:10月27日(木)18:00〜19:00
  http://www.nhk.or.jp/yokohama/port/main.html

ラジオという媒体でいったいどのように紹介されるのでしょうか?
もしかすると、生放送でとんだハプニングが起こるかもしれません。
横浜地区にお住まいの方はぜひ、お聴き逃しなく!


 

『てんじろう』が【ベストブレイニスト賞】を受賞

(2005/8/29)

日本頭脳スポーツ協会の主催により、8月13日(土)に東京体育館で開催された「頭脳スポーツふれあい体験広場 in 東京」において、『てんじろう』が福祉ゲーム部門の【ベストブレイニスト賞】を受賞しました。
今年新設された【ベストブレイニスト賞】にはこのほか、教育ゲーム部門や海外ゲーム部門などがあり、教育ゲーム部門では『スペラ』、海外ゲーム部門では『ブロックス』や『カタン』、『ラミィキューブ』といったゲームが初受賞の栄冠に輝きました。


 

『もんじろう』が新創刊のパズル雑誌に登場

(2005/7/23)

7月21日に創刊された「パズルDEイラスト」という新雑誌に、「パズル好きに一押しのゲーム」として、『もんじろう』が『スクラブル』とともに紹介されました。
ちなみに『スクラブル』は、20世紀半ばにアメリカで発明され、今や全世界に数百万人の愛好者がいる、世界的なことば遊びゲームです。
1991年より、2年に一度世界大会が開催されています。

 

『もんじろう』に新しい仲間が新登場!

(2005/7/13)

このたび『もんじろう』の新たな仲間に、点字版の『もんじろう』(通称『てんじろう』)が加わることになりました。
これは「社会福祉法人 日本点字図書館」との共同開発作品で、実際に盲人の方々の意見を直接伺いながら開発したものです。
従来の「かな式さいころ」の各面に、それぞれのひらがなに対応した、透明の点字シールが丁寧に上貼りしてあります。
これを機に、点字の五十音がどういう仕組みになっているのか、ちょっと勉強してみませんか?
もちろん、点字触読の訓練用としての活用も可能です。


『てんじろう』の拡大写真です。
(点字の左端に付いている3点は、誤読を防ぐための飾り点です。)